Housing and exterior

自然の発電法

太陽光を利用した太陽光発電を自宅に設置することができます。蓄積した電力を売却することもできるのでお得です。設置する際や見積もりの際には様々な点に注意しなければいけないので把握しておきましょう。

空いた土地を活用

空いている土地活用する方法として有効なのが太陽光発電です。太陽光発電のパネルを空いた土地に設置することで電力を得ることができます。空いている土地面積が広ければ広いほど多くの電力を生み出すことができます。

耐震補強を行なう

日本は地震大国と呼ばれる程自信が多い国です。日本の住宅において求められているのは住宅の耐震性です。築年数の長い住宅などは耐震性が低いことがあるので、耐震補強で耐震性を向上させましょう。

電動のシャッター

電動のシャッターを車庫に導入することで煩わしい開閉の手間を省くことができます。電動化することによって開閉時の音も小さくする静音効果もあります。ご近所との関係も考えてシャッターを電動化しましょう。

Related Articles

  • SUGOENE

    京セラの太陽光を導入すれば電気代をグッと抑えることができますよ。また、災害の時にも一役買ってくれるので、ご検討ください。
  • 地デジやドットコム

    地デジアンテナなら月額費0円!アンテナ工事に対応している業者はこちらになります。設置を検討しているなら、見ておきましょう。

湿度から生まれる問題

再生可能エネルギーは企業だけでなく一般家庭でも導入することができます。電気代の節約にもなるのでお得です!

温度と湿度の関係について

工場などの省エネなどでは一般的にどのようにすればよいのでしょうか、基本的には空調による省エネなどが基本になっていますが、一般的には人体の体感温度では基本的に、湿度を温度が関係していきます。湿度では夏場はできるだけ低いほうが、体感温度では、涼しく感じることが多いとされていますので除湿機などを、積極的に利用するのが良いとされています。また、エアコンの設定温度を上げることで、大きな節電効果になることが、知られています。基本的には28度程度の温度が節電に最適とされています。また、体感温度的にも冷えすぎずに快適な温度を維持することができる、と知られています。またサーキュレーターなどを積極的に利用することで、さらなる節電効果が、期待できます。

サーキュレーターや空気の循環に関して

基本的には工場の節電や省エネではサーキュレーターによる、空気の循環がとても効果的になります。これは工場内や部屋の中でサーキュレーターなどにより、循環が生まれることで、一点のみの冷却ではなく、全体的にムラを作ることなく、冷却ができるためです。サーキュレーターの他に扇風機などを利用する方法があります。ですが、基本的には工場内は部屋が大きく扇風機では全体的に、空気をかき混ぜることができないのでサーキュレーターを利用することが、一般的です。また効率的に空気を混ぜることできますので、エアコンなどの省エネにも、なります。基本的にはこのようなことに注目し効率的に空気を冷却することが、基本になりますが、肌寒い日などには使用しないというの、省エネにつながります。

Copyright© 2015 お得に住宅環境を整えよう【知っトクと納トクのおトクな住宅情報】 All Rights Reserved.

Design by Megapx
Template by s-hoshino.com